シンプル大掃除の備忘録(汚れの種類と対処法)

そろそろ「大掃除」の3文字が頭をよぎる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

理想をいえば「汚れる前に掃除する」のがもっとも賢い方法ですが、その「小掃除」が出来ない場合は大掃除をがんばるしかありません((((((っ・ω・)っ

今日は汚れの種類とその対処法と、どこまで洗剤を減らせるかをまとめます。

これを覚えて、日頃の小掃除にも役立てていきましょう!

酸性の汚れ→重曹、セスキ炭酸ソーダ、過炭酸ナトリウム

いずれも油汚れや皮脂、垢、血液などのタンパク質などの酸性の汚れ、生ごみなどの酸性の臭いを落とします。

重曹はセスキ炭酸ソーダに比べて作用が穏やかで水に溶けにくい性質です。過炭酸ナトリウムはセスキ炭酸ソーダよりさらに強力な作用があります。使用目的や頻度にあわせて用意しましょう。

※皮脂を取るので、場合によっては手袋を使用しましょう。

重曹

クエン酸をプラスしてバスボムが作れます。

セスキ炭酸ソーダで代用可能ですが、小さいお子さんなどがいらっしゃって穏やかな効果のほうが安心という方におすすめです。

水に溶けにくい性質を利用して脱臭剤研磨剤としても使用できます。

お湯に溶かして浸せば銀のアクセサリーや食器の曇り取り、また歯磨き粉やマウスウォッシュ(食品グレード)としても使用できます。

セスキ炭酸ソーダ

水500mlに小さじ1を溶かして、スプレーボトルに常備!

重曹の10倍のアルカリ度で水に溶けやすい性質です。日頃の掃除に最適

調理エリアの強力な油汚れに使え、手垢(ドアノブ、スイッチ類)の拭き掃除、浸け置き洗い(サニタリーショーツや布ナプキン、襟袖、寝具カバーの汚れ)など便利に使えます。

食器洗いにもスクレイパーやアクリルたわしを併用して使えます。

アルミは黒ずんでしまうので使用不可です。

過炭酸ナトリウム(過炭酸ソーダ、酸素系漂白剤)

セスキ炭酸ソーダよりもphが高く、加えて酸化力もあるので漂白や除菌、消臭作用が強いのが特徴です。

洗濯にも使えますが、ステンレス以外の金属(草木染めで金属媒染のものも含む)や、タンパク質(絹や毛)などに反応してしまうのでこれらの使用には向きません。

排水管や洗濯槽の洗浄食器洗い機の洗剤としても使えます。

普段の洗濯は30リットルの水に大さじ2杯が目安です。セスキ炭酸ソーダを小さじ2杯追加すると洗浄力が高まります。40℃程度のお湯で20分浸け置き洗いするとさらに汚れが落ちやすくなります。綿のおむつ汚れなどにはこの方法がおすすめです。化繊は再汚染しやすいため浸け置き洗いには向きません。

→泥や油でひどく汚れているものは落ちにくいので、その場合は石鹸で洗いましょう。

アルカリ性の汚れ→クエン酸(レモンや酢)、研磨剤

におい消しに!

水垢(ミネラル分)、トイレの尿石、湯沸かしポット、お風呂場の鏡など水周りに付きやすい硬くて白い汚れを落とします。水垢がひどい場合はクエン酸水を浸したティッシュで20~30分パックします。それでも落ちない場合は重曹を研磨剤として使います。

魚の生臭さや煙草のヤニ、アンモニア臭などのアルカリ性の臭い消しや防カビ効果もあるようです。

時々使用する程度ならレモンの皮や酢で代用可能ですが、ペットのいる家庭や湯沸かしポットが必須のお宅では便利に使えるかもしれません。

我が家はレモンを頻繁に使うので、今度試してみます(*´v`*)キタコレ

カビ→熱湯、漂白剤

梅雨や夏場はとくに助かります。

カビで汚れてしまっている場合は、漂白剤を使います。

過炭酸ナトリウムと消石灰でカビ取り剤を作る事が出来ますが、作成や保存に気を使います。

適宜、塩素系漂白剤を使うと良いでしょう。

カビが発生しやすい場所は50℃以上のお湯を1分程度かけると予防になります。これで多くのカビは死滅します。乾燥のための換気も忘れずにしましょう。

必要に応じて

ストックの量は決めておきましょう。

【新聞紙】

ガラス拭きや、調理の時に生ごみをまとめて捨てるのに使います。これで三角コーナーは必要なくなります。

我が家は新聞を取っていないので、ポストに入ってくるタウン誌や広告類をストックしています。

使い捨てをやめるには

【ウエットティッシュ、ワイパー】

ウェットティッシュはテーブルや棚、ガス台やほこりなどがちょっと気になった時に使います。我が家では使用頻度が一番高いです。

ワイパーはフローリングに使います。雑巾での掃除に切り替えられれば必要ないです。運動にもなりますが…ほぼ毎日のことなので、私はしばらく手放せないと思います(‘・c_・` )

今は、これらを減らそうとすると「お寺のようにモノが無く掃除しやすい住まい」でないと難しいと感じています。そこを目指してコツコツがんばっていこう☆彡

【アクリルたわし、スクレイパー】

食器洗いに使います。ひどいべたつきには、セスキ炭酸ソーダのスプレーを使います。

アクリルたわしは、主に障がい者施設で作られたものを購入しています。1~2枚で150円前後でしょうか。道の駅などでもよく見かけるので、1~2枚ストックしておきます。スポンジなどに比べるとかなり長く使えますが、汚れがひどくなったら雑巾代わりにして古い歯ブラシと一緒に排水口周りの掃除などに使います。

自分で作っても楽しそうです。

スペックを見極めて選ぼう!

【掃除機】

カーペット、ファブリックソファ、クッション、布団のハウスダストやダニの死骸などを減らします。

カーペットやファブリックソファ、クッションの類が無いお宅では、それほど必要ないかもしれません。

掃除用具の保管法

トイレの進化に期待

私はトイレ掃除やフローリング掃除などに、主に使い捨ての掃除用具を使っています。

お風呂や台所掃除の用具は多少濡れていても、そのまま干しておけます。しかし、トイレの用具や雑巾類は濡れたものを干すスペースに困ってしまうのです。いつもお天気で外に干せるとは限りませんから、不衛生な気がしてしまいます。

それと、トイレで使ったものを毎回「再度使えるようにきれいに消毒する」自信がありません。フローリングやちょっとした拭き掃除にしても、回数の多さから「洗って再度使う、干している時間のモヤモヤ」に煩わしさを感じてしまいます。

そんなふうなので掃除自体が煩わしくなってしまうとこれも困ります。

自分の中で折り合いをつけて、使い捨てやむなしと思う部分に関してはそのようにしているのが現状です。

まとめ

自分のため、だけでなく。

我が家では【重曹とクエン酸、台所洗剤と洗濯洗剤】は必要ないと判断して、残っているものに関しては使いきって処分します。

台所洗剤と洗濯洗剤が継続的に減らせると、モノだけでなく手間や環境負荷も減らせるのでかなり嬉しいです。

これからは

●セスキ炭酸ソーダ、スクレイパー+アクリルたわし、新聞紙、フローリング用ワイパー、ウェットティッシュ、掃除機

●トイレでは使い捨てブラシ(先端の”紙に洗剤を付けた部分”が使い捨て)、トイレの拭き掃除用ウェットティッシュ

●お風呂では湯垢落としのセスキ炭酸ソーダ+ブラシ類、時々カビ取りに塩素系漂白剤

●洗濯は、過炭酸ナトリウムのみで行ってみようと思います。洗濯槽のカビ取りでは使っていましたが、洗濯そのものに使えればその手間もなくなります。

来年は、生ゴミ処理も再チャレンジしたいな~。

最後まで読んで下さりありがとうございます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です